ミスティーノ(Mystino)カジノでの換金方法・税金について

出金条件のないオンラインカジノとして話題のミスティーノ(Mystino)ですが、実際にゲームで勝ったクレジットを換金するにはどうすれば良いのか?、と困っている人もいると思います。

ミスティーノにはいくつかの換金方法があり、最も手軽に日本円に変換する方法と、ミスティーノで得た利益に税金はかかるのかについても解説していきます。

 ミスティーノの換金方法の詳細はこちらでも詳しく解説しています

 

【ミスティーノ(Mystino)の換金方法】

ミスティーノ(Mystino)で勝利金を得た場合には、豊富な出金方法で換金できます。

  • 銀行送金
  • 電子ウォレット(エコペイズ・ヴィーナスポイント・マッチベターなど)
  • 仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・アルトコイン・リップルなど)

最も手軽に日本円に換金する方法として「銀行送金」が選べるのもミスティーノの魅力のひとつです。

普通のカジノでは日本国内の銀行に送金してくれません。

 

それがミスティーノでは可能なんです。

電子ウォレット経由での出金に比べ、一度の手続きで日本円に換金できることがメリットになります。

また、送金手続きに関する費用は無料ですが、海外送金のため「受取手数料」が発生する点にはご注意ください。

 

『ミスティーノからの銀行送金に必要な情報』

ミスティーノのサイトでの「出金手続き」の際に、次の情報が必要になりますので、あらかじめ調べておきましょう。

  • 銀行名の英語表記
  • 支店住所の英語表記
  • Swiftコード

それぞれの調べ方をご紹介しておきます。

 

「銀行名の英語表記」

銀行のHPやWikipediaで調べることができますが、検索サイトで「銀行名 英語名」などでも簡単に調べることが可能です。

例:「りそな銀行 英語表記」で検索すると「Resona Bank,Limited」

 

「支店住所の英語表記」

お取り扱い支店の住所をとりあえず日本語でメモしておき、「住所 英語表記」で検索して出てくるサイトに入力すると、簡単に変換してくれます。

 

「Swiftコード」

アルファベットが並んだ銀行海外送金の取引番号になります。銀行HPやWikipediaでも表示されていますので、あらかじめご確認ください。

代表的な日本の大手銀行ですと、「Swiftコード 一覧」でも検索可能です。

例:りそな銀行Swiftコード「DIWAJPJT」

 

ミスティーノの公式サイト上で、「銀行送金」タブより上記の情報を入力し手続きを終えれば、あとは着金の連絡を待つだけになります。

電子ウォレットより時間がかかる点はあらかじめご了承ください。

 

【ミスティーノ(Mystino)の勝利金換金時の税金について】

ミスティーノ(Mystino)での勝利金を換金した場合には、税金が発生することも忘れないでおきましょう。

オンラインカジノの勝利金は「一時所得」にあたり、課税対象となります。

年間の利益額に応じて、確定申告の必要も出てきますので、詳しくは税理士さんなどに相談するのが良いでしょう。

 ミスティーノの換金方法の詳細はこちらでも詳しく解説しています